AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

英語学習

IELTS 国際英語能力試験とは?受験料や過去問など早わかり!

2024.01.11

IELTS 国際英語能力試験とは?

国際英語能力試験 IELTS (International English Language Testing System)は、1989年にブリティッシュカウンシル、IDP Education、ケンブリッジ大学英語検定機構によって開発された、イギリス発祥の英語レベル評価試験です。

国際的な認知度

IELTSは、世界140カ国以上の10,000以上の、大学、雇用主、移民当局、専門団体を含む組織・団体によって認識され、利用されています。

発祥地であるイギリスを始め、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、さらに、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカの多くの国々でも、教育、雇用、移住の目的でIELTSテストが活用されています。

目的別のテスト

教育機関への入学や、留学目的の場合はアカデミックを、ビジネス目的(就職や転職)または、移住を目的とする場合はジェネラルトレーニングを受験することになります。

試験の内容

IELTS試験は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能を測ります。

ペーパーテストの場合は3時間程度です。2020年よりコンピューターで受験できるようになり、この場合は2時間45分程度です。

各スキルは0から9のスケールで採点され、4つのスキルの平均が総合スコアとなります。

リスニング

ペーパーでの受験は40分 (回答用紙に転記する時間を含む。) コンピューターでの受験は30分

受験者はネイティブスピーカーの4つのオーディオ録音を聞き、40の質問に答えます。

リーディング

テスト時間は60分です。

3つの長文について40の質問に答えます。

アカデミックは、本、雑誌、雑誌、新聞から抜粋されたもの、ビジネス目的(ジェネラルトレーニング)では、書籍、雑誌、新聞、通知、広告、会社のハンドブック、ガイドラインなど、英語圏の環境で日常的に出会う可能性の高い資料から抜粋されます。

ライティング

テスト時間は60分です。

アカデミックは、タスク1では、グラフ、表、チャート、図が提示され、その情報を自分の言葉で記述、要約、説明することが求められます。データや説明、プロセスの段階の記述、何かがどのように機能するのか、物事や出来事の記述などが含まれます。タスク2では、提示されるイシューや問題に対してエッセイを書くことが求められます。

ビジネス目的のジェネラルトレーニングは、タスク1では、ある状況設定下で、情報を求めたり、状況を説明したりするレターを書くよう求められます。タスク2では、提示されるイシューや問題に対してエッセイを書くことが求められます。

スピーキング

テスト時間は約11~14分間です。

3つのパートに分かれています。

パート1:自己紹介
家族、仕事、学業、趣味など、身近な話題について一般的な質問が出されます。

パート2:タスクカード
タスクカードが渡され、特定のトピックについて話すよう指示されます。1分間の準備時間の後、そのトピックについて 1~2 分間話すように指示されます。その後、試験官が同じトピックについて1つか2つの質問をします。

パート3:パート2のトピックに関連した質問
より抽象的な問題やアイデアについて論じることになります。

採点システム

IELTSのスコアは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの言語スキルに基づいて計算されます。
各スキルは0-9のスケールで採点され、これら4つのスコアの平均が全体のスコアとして取られます。
スコア9は専門家レベルの習熟度、スコア1は英語非使用者の習熟度を示します。5-6のスコアは普通程度、7-8のスコアは良いと見なされます。
要求されるスコアは、各企業や団体、学校で異なるため、それぞれチェックして試験に臨みましょう。

IELTS試験の受験料と主催団体

IELTS試験は世界中のさまざまなテストセンターで開催されており、便利な場所を選択できます。

IELTS試験の費用は、受験場所や主催者、受験するテストの種類によって異なります。

ペーパー試験 25,380円
コンピューター試験 25,380円~31,500円
IELTS for UKVI 29,400円
IELTS Life Skill 20,500円

※キャンセルした場合は、キャンセル料がかかります。
※コンピューター試験は、運営団体によって受験料が異なります。

主催団体別の受験料

British Council 31,500円
英検協会 25,380円
IDP27,500円
JSAF 27,500円
バークレーハウス公式テストセンター 25,380円

日本では、British Council、英検協会、バークレーハウス公式テストセンター、IDP、JSAF が主催しているので、各ホームページから確認してください。

British Council 
英検協会 
IDP 
JSAF 
バークレーハウス公式テストセンター

IELTS 過去問

IELTSの過去問は非公開で、実際に出題された過去の試験問題はありません。
ただ、ケンブリッジ大学出版局(Cambridge University Press)から公式問題集が出ているので、それを使って

JSAF による練習問題はこちら
British Council による練習問題はこちら
Preparation for IELTS Examはこちら

中・上級者向けビジネス英会話 アットイングリッシュ

ChatGPTなどAIの進化で英語が「分かる」「伝えられる」で、OKという時代は終わりました

「分かる」「伝える」部分は、AI がやってくれます。

AI時代のビジネス英語に必要なのは

・AIが出す情報を瞬時に「読み取って」「統合」「判断」して活用する力

・それを巧みに伝えて、人の心とビジネスを動かす、高い英語コミュニケーション力

アットイングリッシュは、北米・豪のネイティブ講師のみの、ビジネス英会話特化。
ネイティブ講師と深く、広く、速く、スマートな英語の話し方を習得!

ビジネス英会話のアットイングリッシュ

SNSでもご購読できます。