AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ネイティブの英語

スポーツ産業活性化:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集2

2017.01.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツ産業活性化:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集2

ビジネス、経済、テクノロジー、文化、生活、法律など、時事問題から最近の生活情報まで、英語で議論するアットイングリッシュのオンライン英会話レッスン。ここでは議論の中での、ネイティブ講師たちからのネイティブの英語表現とその例文についてのアドバイスを公開します。

前回(1)に引き続き、今回は、「日本のスポーツ産業の活性化」の話題です。この話題を中心に、様々な角度からの議論を通して、ネイティブ講師たちが作った多彩なネイティブの英語表現とその例文をご紹介します。

なお、ここでは、社会人、ビジネスパーソン向けのネイティブの英語表現とその例文を集めております。更に、これらのネイティブの英語表現とその例文をビジネスの状況でどう使うか、ご興味をお持ちの方々は「上手いビジネス英会話の作り方」をご覧になってみてください。

<オンライン英会話での、この議論の概要と学びのポイント>
講師と距離がグッと近づくオンライン英会話の活用術

オンライン英会話での、主な論点3

‐スポーツ産業が盛り上がっている欧米と、日本では何が違うのでしょうか?

日本はスポーツは清く正しくというイメージで、スポーツで儲けてはいけないという昔ながらの考え方にとらわれているのかもしれません。

産業としてのスポーツ

ネイティブの英語表現とその例文11 keeping its sports industry thriving スポーツ産業を盛り上げている

カナダはウィンタースポーツやアウトドアスポーツも盛んですね。

I think maybe Canada is one of the countries that does a good job of keeping its sports industry thriving.
カナダはスポーツ産業をうまく盛り上げている国の一つだと思います。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(does a good job of keeping its sports industry thriving)

ネイティブの英語表現とその例文12 gets aroused to the point of fighting 興奮して喧嘩になる

ヨーロッパだけでなく、南米でもよくサッカーの試合で観客が興奮して喧嘩になったというニュースを耳にします。

In Europe sometimes the audience easily gets aroused to the point of fighting.
ヨーロッパでは、観客がすぐに興奮して喧嘩になります。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(gets aroused to the point of fighting)

ネイティブの英語表現とその例文13 an absolute must 必須

“a must”よりさらに強く表現したい時は、”an absolute must”です。

Collaboration with the private sector is an absolute must.
民間とのコラボは必須です。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(an absolute must)

ネイティブの英語表現とその例文14 as much as ~と同じくらい

“as ~ as”は、”as much as”以外に”as many as”、”as well as”、”as hard as”のように様々な場面で使えとても便利な表現です。

Those sports are considered to be entertainment as much as they are sports.
スポーツというだけではなく、エンターテイメントと考えられています。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(as much as)

ネイティブの英語表現とその例文15 a kind of entertainment value エンターテイメントとしての価値

スター選手のすばらしいプレーを観ることができるスポーツ観戦は、まさにエンターテイメントですね。

Sports should also have a kind of entertainment value.
スポーツは、エンターテイメントとしての価値も持つべきです。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(a kind of entertainment value)

ネイティブの英語表現とその例文16 far from ideal 理想とは程遠い

“reality”と”ideal”。スポーツ産業が盛り上がるために、少しでも理想に近づきたいです。

In Japan, the sports facilities are few and far between, apart from stadiums, and I think this is far from ideal.
日本では、スタジアムはさておき、スポーツ施設が非常に少なく、これは理想と程遠いと思います。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(few and far between)
(apart from)
(far from ideal)

オンライン英会話での、主な論点4

‐実際に日本のスタジアム等にスポーツ観戦に行って、不便を感じたことはありますか?

売店の行列、トイレの行列、グッズも行列。本当は買いたいけど、やめておこう。でもビールだけは席で販売しているので、ついつい飲む量が増えてしまう。そんな方も多いのではないでしょうか。

 

スタジアムの不便な点

 

ネイティブの英語表現とその例文17 The line up for snacks  食べ物を買う列

大事なところを見逃したくないので、食べ物の行列に並びたくない。つまりスタジアムにお金が落ちない。どうすれば改善できるのでしょうか。

The line up for snacks was so long that I missed the start of the second half of the game.
食べ物を買う列がとても長くて、後半のゲームの最初の部分を見逃しました。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(The line up for snacks was so long)

ネイティブの英語表現とその例文18 I learned that ~が分かりました

“I learned”以外にも、”I found out”、”I realized”、”I noticed”なども使えます。

I learned that the toilets at the stadium were also not that clean.
スタジアムはトイレもあまり清潔ではない事が分かりました。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(I learned that)

ネイティブの英語表現とその例文19 The concession stands 売店

何を売っている売店かによって呼び方が違います。新聞なら”newsstand”、チケットなら”ticket booth”、ホットドッグなら”hot dog stand”。また売店も”stand”、”counter”、”stall”、”kiosk”も使われます。

The concession stands are very busy at half time. Sometimes the line takes fifteen minutes to get through.
ハーフタイムは売店がとても混み合います。時には15分くらい並ばないといけません。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(The concession stands)

オンライン英会話での、主な論点5

‐日本ではプロのアスリートはどんな存在ですか?

プロのアスリートは夢を見せる存在であり、最近ではプレー以外のファッションや言動にも注目される選手もいます。

 

プロスポーツ選手

 

ネイティブの英語表現とその例文20 They enjoy a high profile 社会の中で注目を浴びる

日本で人気のスポーツは野球、サッカーで、特にトップ選手への注目は高いです。

Baseball and soccer players in Japan enjoy a high profile in Japanese society
野球選手やサッカー選手は、日本の社会の中で注目を浴びています。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(They enjoy a high profile)

ネイティブの英語表現とその例文21 few and far between ごく稀

ビジネスにおいても、起業して事業を成功させ高収入を得られる起業家は”few and far between”ですね。

The athletes who can continue to have a career and financial revenue after retiring are few and far between.
引退後もキャリアを続けられたリ、収入を得られるアスリートはごく稀です。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(to have a career)
(few and far between)

ネイティブの英語表現とその例文22 I don’t follow any players closely 注目している選手はいない

“follow”は、事業計画に従う、意思決定プロセスに従うといった表現に使う「従う」や、日本語にもなっているSNSをフォローする、ブログをフォローするという時にも使われます。

I don’t follow any players closely.
注目してフォローしている選手はいません。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(I don’t follow any players closely)

 

まとめ

日本のスポーツ産業を盛り上げるためには、まず何から変えていけばいいのでしょうか。
(1) スポーツをエンターテイメントととらえる
(2) スタジアムの整備
(3) プロのアスリートは夢を見せる存在
ネイティブ講師による、オンライン英会話の@English(アットイングリッシュ)では、ここでご紹介したようなネイティブならではの英語フレーズや話し方をトレーニングするカリキュラムをご用意しています。

無料の体験レッスンもありますので、ぜひ一度お試しください。

スポーツの産業化

 

【ご利用上の注意点】

1.社会人、主にビジネスパーソンを中心に、英会話力で、中級、上級者向けの練習を提供するサービスとして、このサイトを運営しております。
2.オンライン英会話の中で、実際にネイティブスピーカーの講師たちが使用した、またはアドバイスした内容をご紹介していますが、特定の個人や立場を表わす内容については編集を加えています。
3.あくまで、ビジネスパーソンを中心とした社会人の英会話力向上を目指したサービスであり、ここで紹介される主義、主張、意見や議論をサポートするものではありません。
4.また、ここでご紹介する内容の正確性や有効性について保証するものではありません。言葉は、時と場所、その状況や、声のトーンによっても意味を変えます。恐れ入りますが、ご自身でご確認の上、ご使用ください。

無料体験レッスン

英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。

ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。

社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース

  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)
  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)
  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)
  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)
  • ほか

まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む

SNSでもご購読できます。