AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ビジネス英会話

英語で会議 | ファシリテーターが議題(アジェンダ)を紹介、会議を司会進行する、ネイティブの英語表現と17の例文

2018.01.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語会議で議題(アジェンダ)を紹介│ファシリテーターとして、会議を進行、テーマを紹介する17の英語例文

今回は、英語会議・ミーティングで、挨拶や自己紹介、参加者の紹介などのオープニングパートを終えた後、議題について話し合うメインパートの冒頭部分にあたる部分の英語例文をご紹介します。

参加者の思考と気持ちを整える大切な部分ですので、ファシリテーターをされている方々は、きっちりとマスターしましょう。

まずは会議の議題(アジェンダ)の説明です。その会議で話し合う項目を明示します。併せて、各項目について誰が詳述するのか、担当者名も紹介することで、参加者の頭を整理します。

なお、以下の記事を併せてご活用いただくと、より会議全体をカバーできる英語表現が集まります。ご参照ください。

会議の始まりの部分(始めの挨拶、司会者や参加者の紹介、議題の発表)
『英語の会議がスムーズに!司会の「挨拶」と「自己紹介」58フレーズ』

英語会議での意見の述べ方
『英語で会議|意見や考えを述べるとき、プロフェッショナルな印象を作る、ネイティブの英語表現と例文集』

英語会議での司会進行
『英語会議の司会進行 | ネイティブがビジネス会議で活用する95の英語表現』

会議の議題(本題)に入る

会議の議題(本題)に入る「本題に入りましょう」
このひと言で議題に移ることを示し、その後に、その議題の要点を述べるとスムーズです。

It’s time to get down to business. The first item on the agenda is how to expand our network of contacts in Thailand.
本題に入りましょう。最初の議題は、タイでのネットワーク、人脈をどうやって拡大するかについてです。

It’s time to get down to business. Our main aim today is to talk about what we can do to retain staff in the new plant.
本題に入りましょう。今日の一番の目的は、新工場のスタッフをどうやって確保するかを話し合うことです。

Why don’t we get down to business and talk about ways we can retain our existing customers, so as to become effective as a global competitor.
本題に入りましょうか。グローバルに強い企業となるためにも、既存顧客をつなぎ留める有効な方法について議論しましょう。

I’d like to open with a short introduction about our past experience in the region.
まずはこの地域における当社の経験について軽くお話しして、始めたいと思います。

どれも簡単な表現ですが、オープニング部分との区分けをしっかり付けるのに役立ちます。

各担当者に、詳細の発表や報告をお願いする

各担当者に、詳細の発表や報告をお願いする司会はあくまで会議の進行役です。具体的内容については、それぞれの担当者に詳述をお願いすることが多いでしょう。その際、担当者の名前も一緒に紹介すると、聞き手は分かり易いでしょう。

Cindy, would you like to kick off with your introduction about market research?
シンディー、市場調査についての発表を始めてもらえますか?

I’d like to hand over to Dave to explain how we can make inroads into the European market
いかにしてヨーロッパ市場に参入していくかを、デイブに説明してもらいましょう。

Why don’t we get the ball rolling by having Jonathan address us on his statistical findings?
まずはジョナサンに統計から導き出された結果を話してもらって、始めることにしましょう。

Let’s kick off by getting Peter to tell us about his success in making fresh contacts in Mumbai.
ピーターにムンバイでの人脈構築の成功法を話してもらうところからスタートしましょう。

次の議題にうつる

次の議題にうつる最初の議題について結論が出たら、あるいは時間が迫ってきたら、次の議題にうつります。

Why don’t we move on to discussing how we can save unnecessary expenditure this year?
不要な支出を抑える方法についての話し合いに移っていきましょうか。

This brings us to the next topic on the agenda, which will be introduced by David.
次の議題にいきましょう。デイビッド、お願いします。

If no one has anything else to add, let’s move on to talking about our priorities for gaining business contacts overseas.
外にどなたも追加の情報などなければ、次に移りましょう。海外でのネットワーク構築のための優先事項について話し合いましょう。

Then, I’ll be handing it over to Emily Smith for a discussion on the future of robotics.
では、私に代わってエミリー・スミスさん、ロボット工学の将来についての話し合いをお願いします。

We’re running short on time, so let’s move on to the next topic.
時間がありませんので、次の議題に移りましょう。

We’re running behind now, so let’s skip to the next point on the agenda.
予定より遅くなっておりますので、次の議題まで飛ばしましょう。

Let’s get on to the next topic now, as we are in danger of running out of time.
時間が足りなくなりそうなので、次の議題に移りましょう。

We’re short of time, so if you don’t mind, let us address the next topic on the agenda.
時間がありませんので、よろしければ次の議題に移りたいと思います。

I think that just about covers that topic, so why don’t we move onto the next item?
出つくしたと思いますので、次の議題に移りましょう。

まとめ

会議のファシリテーター、司会者として、参加者の誰もが会議の流れを理解できるよう、議題を紹介します。各アジェンダについてデータ等の報告をできる担当者がある場合は、その名前と概要を、参加者に認知させるようにします。

簡単な作業ですが、何を話し合う時か、誰が何を報告するのか、参加者の頭を整理するのに大切な部分です。

ご自身の英語会議の際に、是非ご活用ください。

ネイティブ講師による、オンライン英会話の@English(アットイングリッシュ)では、この記事で述べたようなビジネスの場で使える英会話をトレーニングし、身に付けることができます。

無料の体験レッスンもご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください。

お読み頂きまして、ありがとうございました。


あ、この表現、使ってみたい!ネイティブスピーカーのお墨付き



ビジネスでの挨拶、社交の場、 会議、
テレカンファレンス、交渉、 英語面接、
自己紹介、リーダーシップ、
プレゼンテーション、時事英語、英語メール、
…など。


ビジネスの現場で使える英語表現を5分で読み切れる骨太の内容にまとめて、 毎日無料でメルマガを配信、共有しています。





無料メールマガジン「ビジネス英語のヒント」のご登録は、下記フォームよりご登録ください。



メールアドレス

[例]example@atenglish.com

お名前(全角・漢字)

[例]有戸 太郎





英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。


ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。


社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース



  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)

  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)

  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)

  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)

  • ほか




まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む



SNSでもご購読できます。