AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ネイティブの英語

プレッシャー対処法:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集2

2016.11.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語のセンスがグッとアップ!オンライン英会話のネイティブ英語例文集2:プレッシャー対処法

ビジネス、経済、テクノロジー、文化、生活、法律など、時事問題から最近の生活情報まで、英語で議論するアットイングリッシュのオンライン英会話レッスン。ここでは議論の中での、ネイティブ講師たちからの英語表現についてのアドバイスを公開します。

前回に引き続き、「どのようにプレッシャーを克服するか。独立行政法人国立スポーツ科学センターが研究を始める」という話題です。是非、議論の中で使われる英語表現をここで憶えて、ビジネスの場でご自身の活躍にお役立てください。

なお、ここでは、社会人、ビジネスパーソン向けの英語表現を集めておりますが、更に、これらの英語表現をビジネスの状況で実際にどう使うか、ご興味をお持ちの方々は「上手いビジネス英会話の作り方」をご覧になってみてください。

<オンライン英会話での、この議論の概要と学びのポイント>
講師と距離がグッと近づくオンライン英会話の活用術1:プレッシャー対処法

<この議論での英語表現を使った、ビジネス英会話>
ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集1:プレッシャー対処法

オンライン英会話での、主な論点3

– ホスト国のアスリートは、よりプレッシャーを強く感じると思いますか?
– どう対処しようとしているでしょうか?

何度も練習や競技を行ったことがあるグランドで、時差やフライトの疲れに悩まされることもなく、何より自分を激励してくれるたくさんの声援の中で競技できる、それはアスリートたちにとって、大変なメリットでしょう。しかし、そんな声援や「有利な環境だからメダルを獲れるはず」という周囲の、そして自分自身の思いが、逆にプレッシャーとして圧し掛かることも考えられます。自国開催のメリットをメリットとして十分に活かすにはどうすれば良いのでしょうか。

ホスト国

ネイティブの英語表現とその例文13 場合を比較

When を用いて、「自国の時の方が、他国の時より」という形で場合を比較。

Our expectations are higher when the Olympics are held in our own country than when they take place in other countries.
自国でオリンピックが行われる時の方が、他の国で開催される時より、みんなの期待が高まります。

ネイティブの英語表現とその例文14 on home soil 母国で

ここで使われる home soil は、「自国で」、「自分の国で」、「母国で」という意味で映画などでもよく出る表現です。

They are performing on home soil.
彼らは母国で競技しています。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(on home soil)

ネイティブの英語表現とその例文15 conducting (doing) research on 研究を行っている

ここでは、「is conducting research on -.」または「is doing research on -.」で、両方とも、~についての研究を行っている、の意味。
The JISS are conducting research on how athletes are coping with the pressure from the public to win. / The JISS are doing research on how athletes deal with the kind of pressures that they face from the public and others to win medals in the Olympics.
JISSは、国民やその他からの、メダルを取って欲しいというプレッシャーにどう対応するか、研究をしています。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(The JISS are conducting (doing) research on)
(coping with the pressure)
(deal with the kind of pressures)
(to win medals)

ネイティブの英語表現とその例文16 they’re under heavy pressure 大きなプレッシャーがかかる

オリンピックの自国開催で受ける大きな声援を不利な条件としないための、心のコントロールの仕方を研究しています。

The JISS recently began doing psychological research on athletes, to find out how athletes control their minds in order to get better results when they’re under heavy pressure.
JISSは最近、アスリートの心理を研究し始め、大きなプレッシャーがかかる中でも良い結果を出すために、アスリートがどのように自分の心をコントロールするか探っています。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(how athletes control their minds)
(they’re under heavy pressure)

ネイティブの英語表現とその例文17  The pressure got to him プレッシャーに押しつぶされる

The pressure gets to 人で、プレッシャーに押しつぶされると表現できます。

He didn’t do well because he let the pressure from the public get to him. / The pressure got to him and he didn’t do well in his event.
彼は、国民からのプレッシャーに押しつぶされて、上手くできませんでした。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(he let the pressure from the public get to him)
(The pressure got to him)

ネイティブの英語表現とその例文18 fight or flight response 闘争・逃走反応

人間には、危険な場面に直面した時、極度の緊張などにより強いストレスを感じる時、闘争・逃走反応が表れる場合があります。オリンピックでも、大切なプレゼンをする時でも、その場から逃げることは出来ない以上、その場にとどまって、緊張をコントロールする方法を見つけていく必要があります。

The “fight or flight response” is the phenomenon where people either want to stay and fight or run away when they are faced with a stressful situation.
闘争・逃走反応とは、ストレスのかかる状況に人が直面した時、とどまって戦いたいと思うか、逃げ出してしまいたいと思う現象のことです。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(fight or flight response)
(the phenomenon where people either want to stay and fight or run away)

オンライン英会話での、主な論点4

‐年齢は、ストレスやプレッシャーの対応に関係あると思いますか?

独立行政法人国立スポーツ科学センターは、今回、2020年の東京オリンピックで活躍が期待される10代後半から20代前半のアスリートを対象に、プレッシャー対策の研究を進めています。

あなたの場合はどうでしょう?

年齢によって、緊張するシチュエーションや度合いに変化を感じますか?また、その対処法も変わってきましたか?経験が重なった方が良いものでしょうか?あるいは、何も知らない時の方が気持ちを強く持てるものでしょうか?

ネイティブの英語表現とその例文19 their own method or manner of adjustment それぞれの適応法

Each generation has their own method or manner of adjustment when it comes to handling pressure.
プレッシャーへの対処については、各年代でそれぞれ適応の方法があります。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(their own method or manner of adjustment)

ネイティブの英語表現とその例文20 As we age,  年齢と共に

As we age で、年をとるにつれて、という表現になります。年齢が上がれば体力は減退し、それが集中力や精神力にも影響するのかもしれません。

As we age, our physical abilities declines.
年と共に、精神力が弱ってきます。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(As we age,)

ネイティブの英語表現とその例文21  you made some excellent points  良いポイント!

会議、議論の中で、”you made an excellent point” という発言は、相手をポジティブにさせ、より良いアイディア、より深い思考を導くのに非常に効果的です。実際に良いポイントですし、こう言われて悪い気持ちになる人はいません。

確かに、世代によって、時代背景、大切だと思うモノ、大切だと教えられたモノは違います。それは、それぞれの世代の気持ちの強さにも大いに影響するでしょう。

I thought you made some excellent points about the resiliency of each new generation, which may stem from their shared cultural views. I think you are most likely very right about this.
若い世代の回復力について、あなたは素晴らしい指摘をしてくれたと思います。 それは彼らが共に培ってきたモノの見方に由来するのかもしれません。これについてあなたの見解は大方当たっているのではないかと思います。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(you made some excellent points about)
(stem from their shared cultural views)
(you are most likely very right about this)

ネイティブの英語表現とその例文22 a player in their thirties 30代の競技者

年齢を重ねていくと、成功体験も、失敗体験も増えていきます。成功体験を頭の中でより強化し、失敗体験があれば、その原因としっかり向き合って、解消していく必要がありそうです。

However, a player in their thirties will not feel the pressure of a new situation, but they may be reminded of past failures.
しかし、30代の競技者は新しい状況にプレッシャーを感じる事はないかもしれませんが、過去の失敗を思い出してしまうかもしれません。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(a player in their thirties)
(they may be reminded of past failures)

ネイティブの英語表現とその例文23 It’s about considering 大切なのは

It’s about は、重要な事を強調したい時に使えます。

It’s about considering how the athletes can rise above such pressures.
大切なのは、アスリートがプレッシャーをどう克服かを考えることです。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(It’s about considering)
(rise above)

ネイティブの英語表現とその例文24 He was a three time Olympic athlete オリンピックに三回出場している

「競技を楽しみたい」というのはアスリートがよく口にする言葉ですが、これが出来れば、そもそも素晴らしい身体能力を持ったアスリート達の、凄いパフォーマンスを見ることが出来るでしょう。見ている私たちも、楽しんでプレーするアスリートの姿を楽しみたいと思います。

He was a three time Olympic athlete. In his third experience at the Olympics, he was able to find it enjoyable.
彼は3回オリンピックに出ました。3度目のオリンピックにして、彼は楽しいと思うことが出来たのです。

「上手いビジネス英会話の作り方」で使ってみよう!
(He was a three time Olympic athlete)
(In his third experience at the Olympics)

まとめ

プレッシャーと一言で言っても、それぞれの性格、環境、年齢、経験の有無など、条件によって違うという意見が多く見受けられました。独立行政法人国立スポーツ科学センターによる研究が、それぞれに対して適した対処法を導きだすのか、どの条件下のプレッシャーも克服できる対処法を提示してくれるか、結果が待たれます。

ネイティブ講師と学ぶ、ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集1でも出てきたルーティンや、ペップトークなどは、既にビジネスの場や自己啓発として活用されている方もいます。

どんな研究結果が出てくるか楽しみです。

英語表現としては、ビジネスでも使いやすい表現がたくさん出ています。是非ご活用下さい。

プレッシャー関連の表現
He let the pressure from the public get to him
The pressure got to him
fight or flight response

年齢や年代を表す表現
Each generation
As we age
a player in their thirties

ビジネスでも頻出の表現
You made some excellent points about __
__ is conducting (doing) research on __
It’s about considering

ネイティブ講師による、オンライン英会話の@English(アットイングリッシュ)では、ここでご紹介したようなネイティブならではの英語フレーズや話し方をトレーニングするカリキュラムをご用意しています。

無料の体験レッスンもありますので、ぜひ一度お試しください。

プレッシャー対処法

 

【ご利用上の注意点】
1.社会人、主にビジネスパーソンを中心に、英会話力で、中級、上級者向けの練習を提供するサービスとして、このサイトを運営しております。
2.オンライン英会話の中で、実際にネイティブスピーカーの講師たちが使用した、またはアドバイスした内容をご紹介していますが、特定の個人や立場を表わす内容については編集を加えています。
3.あくまで、ビジネスパーソンを中心とした社会人の英会話力向上を目指したサービスであり、ここで紹介される主義、主張、意見や議論をサポートするものではありません。
4.また、ここでご紹介する内容の正確性や有効性について保証するものではありません。言葉は、時と場所、その状況や、声のトーンによっても意味を変えます。恐れ入りますが、ご自身でご確認の上、ご使用ください。
2016年11月26日編集

無料体験レッスン

英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。

ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。

社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース

  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)
  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)
  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)
  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)
  • ほか

まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む

SNSでもご購読できます。