AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ビジネス英会話

ビジネス英語の上達:【最新情報】Can I give you my update tomorrow?

2017.05.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス英語の上達:【最新情報】Can I give you my update tomorrow?

中級者、上級者向けのビジネス英会話とは何でしょうか? 私たちは、人を動かすコミュニケーションがとれるかどうかだと考えています。チームのメンバーを動かすときもあれば、上司、顧客、会議の参加者を動かすときもあるでしょう。

「ビジネス英語コミュニケーションを仕事の武器に。」

私たちはオンライン英会話レッスンを通して、この言葉を合言葉にビジネスパーソンが仕事で成果を出していくためのコミュニケーションを支援しています。

会議の話しの流れで、当初は必要とされていなかった資料やデータが必要になりそうな雰囲気になってきたという経験、ありませんか?データの集計が終わってない、手持ちのデータでは、最新情報が含まれてない、などの事情はよくあることです。そんな時、このビジネス英語表現を活用し、期限を区切って、最新版を提供するオファーを出してみてはどうでしょう。

今回ご紹介する、会議でのビジネス英語表現(2)

Can I give you my update tomorrow?
『新しい情報は明日お知らせするということでいいですか?』

ビジネスの会議では、状況を把握し、判断を下すための最新の情報はもちろん必要です。でも、それがいつも手元に揃っているとは限りません。集計や再計、手直しや、調整し直してから渡す情報の遣り取りで、このupdate(最新版)という単語がよく使われます。「(明日、職場に行って予定を確認してから)私のスケジュールの最新版を送らせてもらうということでいいかな?」みたいな状況も、この文章そのままで使用することができます。

今回のビジネス英語表現を用いたネイティブの英語例文

今回のビジネス英語表現を用いた例文│update

 

I’ve been working on the statistics, but I still need to do a bit more number crunching. Can I give you my update tomorrow?
統計をとっていますが、まだ処理しなくては数字があります。最新情報は明日お知らせするということでいいですか?

ビジネス英語表現の理解を深める解説・情報

OXFORD UNIVERSITY PRESSのDICTIONARYで調べると update には以下の意味があります。

Make something more modern or up to date.
何かを近代的にする、または最新にする。

または、Give (someone) the latest information about something.
最新情報を渡す。

つまり、(1)更改する、新しくする。(2)最新情報 の2つです。

今回のビジネス英語表現では、後者(2)のニュアンスに近く使われていることがわかると思います。

オンライン英会話レッスンから学ぶ応用とネイティブの英語例文

会議で使えるビジネス英語表現として今回ご紹介させていただいたビジネス英語表現から、単語「update」にフォーカスして、実際にオンライン英会話レッスンの中でネイティブ講師が使っていた表現をご紹介させていただきます。

「ビジネス英語表現の理解を深める解説・情報」でご紹介させていただいた2つの意味を意識しながらの解説です。

1. It was great to get an update on your job hunting activities!
(あなたの転職活動について最新の動きが聴けて、とても嬉しかったです。)
種類(2)最新情報

2. This article reports each country’s latest updates on their entrepreneurs.
(この記事は、各国の起業家についての最新情報を採り上げています。)
種類(2)最新情報

3. After two years at my position, I am given new tasks to update my responsibilities.
 (今の職務を2年間経験した後、私の職務責任が更改され、新しい仕事を任されています。)
種類(1)更改する、新しくする

4. I was the main contact person for the issues surrounding the factory, and was responsible for delivering daily updates on the progress.
(その工場の問題に関するメインの交渉担当者となり、日々の進捗情報を流す責任を負いました。)
種類(2)最新情報

5. Next time we speak I want an update on how things are going!
(次に話すときに、事態がどう進んだか教えて欲しいです。)
種類(2)最新情報

6. The government has updated their policy on overtime hours to reduce the issue.
(問題の軽減のために、政府は残業時間の長さに関する政策を更改しました。)
種類(1)更改する、新しくする

7. I think I will need to update my knowledge. / There is a need to constantly update one’s knowledge.
(知識の情報更新が必要です。)
種類(1)更改する、新しくする

8. It’s an updated version, since right now we have two versions in existence, which are 1.0 and 2.0.
(今現在、2つのバージョンがある中の、それは最新バージョンです。)
種類(1)更改する、新しくする

9. In fact my computer suddenly did an update without warning, and I was unable to access it again until the process was completely finished.
(実際、突然、コンピューターのアップデートが前触れ無しで始まってしまい、その作業が完全に終わるまでアクセスできなかったのです。)
種類(1)更改する、新しくする

10. Please give me updates at the weekly meetings.
(週間ミーティングの最新情報を渡してください。)
種類(2)最新情報

まとめ

1. ビジネスの場では、状況を把握し、判断を下すための最新情報や、既存情報の更改は必須です。ただし、そのアップデートに時間や手間がかかることはよくあります。

2. そんなとき、期限を区切って、最新情報を渡す、または、既存情報の更改を終えることを伝えられる、会議で役に立つビジネス英語表現に以下のものがある。
Can I give you my update tomorrow?(新しい情報は明日お知らせするということでいいですか?)

3.「オンライン英会話レッスンから学ぶ応用と例文」では、updateという単語にフォーカスして、(1)情報を更改する、というニュアンスの例文と、(2)最新情報、というニュアンスで使う場合とに分類して、実際の職場で応用していただける10の例文をご紹介しています。

ビジネス英語の上達:【認める】

ビジネス英語の上達:【予測、見解】

【ご利用上の注意点】

1.社会人、主にビジネスパーソンを中心に、英会話力で、中級、上級者向けの練習を提供するサービスとして、このサイトを運営しております。
2.あくまで、ビジネスパーソンを中心とした社会人の英会話力向上を目指したサービスであり、ここで紹介される主義、主張、意見や議論をサポートするものではありません。
3.ここでご紹介する内容の正確性や有効性について保証するものではありません。言葉は、時と場所、その状況や、声のトーンによっても意味を変えます。恐れ入りますが、ご自身でご確認の上、ご使用ください。

オンライン英会話で、会議におけるビジネスコミュニケーションの向上を支援します。是非、ご活用ください。

2017年 5月 11日編集

ネイティブ講師による、オンライン英会話のアットイングリッシュでは、中級・上級者のためのビジネス英会話のカリキュラムをご用意しています。

無料の体験レッスンもありますので、ぜひ一度お試しください。

英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。

ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。

社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース

  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)
  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)
  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)
  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)
  • ほか

まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む

SNSでもご購読できます。