AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ビジネス英会話

ビジネス英語の上達:【違い、比較】The gap between A and B is so vast.

2017.06.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス英語の上達:【違い,比較】The gap between A and B is so vast.

中級者、上級者向けのビジネス英会話とは何でしょうか? 私たちは、人を動かすコミュニケーションがとれるかどうかだと考えています。チームのメンバーを動かすときもあれば、上司、顧客、会議の参加者を動かすときもあるでしょう。

「ビジネス英語コミュニケーションを仕事の武器に。」

私たちはオンライン英会話レッスンを通して、この言葉を合言葉にビジネスパーソンが仕事で成果を出していくためのコミュニケーションを支援しています。

オンライン英会話の練習の中では、まずは状況に合せた内容の1つのセンテンスをしっかりと作ることから始まり、次にはそれらの内容同士を比較しながら、分析、説明する練習へと入ります。

「違い(gap)」について述べることは、比較、分析、説明をするタスクの中で、まず一番始めに取り組む内容となります。

今回ご紹介する、会議でのビジネス英語表現(10)

 

The gap between A and B is so vast.
『AとBの違いは、かなり大きいです。』

 

 

ネイティブ講師が作る、今回のビジネス英語表現を用いた例文

The gap between what we want and what they want is so vast. I think that negotiations may be challenging but reaching an agreement is possible.
我々が望むものと彼らが望むものとの違いは、かなり大きいです。交渉は大変ですが、合意に達することは可能だと考えています。

 

ネイティブ講師が作る、今回のビジネス英語表現を用いた例文

 

ビジネス英語表現の理解を深める解説・情報

Cambridge Dictionaryで調べると gapという単語の用いられる意味合いには、以下の4つがあります。(Cambridge Dictionary より)

1. 2つの数字、量、レベルの違い

a difference between two numbers, amounts, or levels:

英語例文:Forecasters are predicting a budget gap of nearly $17 billion next year.
(専門家は170億ドルの予算とのズレを予測しています。)

2. 状況的に何かが欠落している状況、隙間。
something that is missing from a situation:

英語例文:The Bill aims to close gaps in existing law on fraud.
(その法案は、現在の詐欺に関する法律の漏れをふさぐようになっている。)

英語例文:New federal projections for job openings this decade show a growing gap in the training and education required for workers.
(今後10年間の求人に関する連邦の予測は、労働者に求められるトレーニングや教育でのズレを示している。)

3. 時間的な空白、隙間
a period in which something does not happen:

英語例文:Most see a gap between finishing education and starting work as a positive thing.
(多くの人が、教育を終えるタイミングと働き始めるまでの間に時間を置くことを前向きに捉えています。)

4. 人々、あるいは状況の違い
a difference between people or their situations:

英語例文:Excessive bonuses have only served to widen the gap between executives and other staff.
(過度のボーナス支給は、幹部と一般社員との差を広げるだけです。)

今回ご紹介した、会議でのビジネス英語表現は、4.のニュアンスだとわかります。

オンライン英会話ユーザーへの解説

オンライン英会話のディスカッションやプレゼンの練習では、物事や数値を比較して、それを分析、説明するというタスクが多くあります。これは現実のビジネス会議の中でも、多くあるシチュエーションだと思います。

「差異」を表わす、gap という単語、そして関連する英語表現を活用して、ビジネス会議で是非、ご活躍ください。

ご参考英語表現: close the gap、fill the gap、widen the gap、a growing gap、a widening gap、etc

オンライン英会話レッスンから学ぶ応用と例文

オンライン英会話レッスンから学ぶ応用と例文

 

会議で使えるビジネス英語表現として今回ご紹介させていただいたビジネス英語表現から、「the gap between」にフォーカスして、実際にオンライン英会話レッスンの中でネイティブ講師が使っていた表現をご紹介させていただきます。

オンライン英会話での経済議論からの例文(1)

Globalization has increased the gap between the rich and the poor
グローバリゼーションは、富裕層と貧困層の差を拡大させます。

オンライン英会話での経済議論からの例文(2)

It would appear that the gap between the rich and the poor is on the rise even in Japan.
日本であっても、富裕層と貧困層との差の拡大は顕れてきているようです。

オンライン英会話での、企画会議ロールプレイからの例文(3)

To compensate for the gap between men’s and women’s physical strength, a handicap is given
男女の体力差を補うため、ハンディキャップを設けました。

オンライン英会話でのプレゼン練習からの例文(4)

As we can see on the graph, the trend has been increasing consistently so if nothing changes we can assume (or conclude) that the gap between the rich and the poor will continue to widen.
グラフでご覧いただけますように、この傾向は継続して拡大しており、もし変化が無ければ、富裕層、貧困層の差の拡大が予想されます。

オンライン英会話での経済議論からの例文(5)

He focuses on the gap between the super-rich and the poor
彼は、超富裕層と貧困層との差を強調しています。

オンライン英会話での経済議論からの例文(6)

The words “”inequality”” and “”disparity”” are often used in conjunction with discussions of the gap between the very wealthy and the much larger, much poorer segment of the population.
不平等、不均衡という単語は、物凄いお金持ちと、それ以外の大多数でとても貧しい人たちとの差についての議論と併せて、よく使われています。

オンライン英会話での英語面接対策からの例文(7)

I’ve always wanted to become a manager because I think I’m a natural leader, and that career goal is what motivated me to obtain an MBA, so that I could close the gap between where I am now and where I want to be.
私は、リーダーの資質があると思うので、常にマネージャーになることを目指してきました。そして、そのキャリアゴールがモチベーションとなり、現状と自分が望む立場との差異を埋めるためにもMBAが欲しいと思ってきました。

オンライン英会話でのプレゼン練習からの例文(8)

The gap between the supply and demand will remain
供給と需要の差異が残るでしょう。

まとめ

1. ビジネスコミュニケーション、特に会議内でのビジネス英会話では、数値、物事、トレンドなどについての、比較、分析、説明が一般的に行われます。オンライン英会話の練習にそれを取り込み、まずは、比較した際の「差異」を表わす表現として、gapという単語にフォーカスしています。

2. 会議の状況で、比較、分析、説明する際、役に立つビジネス英語表現に以下のものがある。
The gap between A and B is so vast.
(AとBの違いは、かなり大きいです。)

3.「オンライン英会話レッスンから学ぶ応用と例文」では、the gap between A and Bという表現にフォーカスして、ネイティブ講師が編集した、実際の職場で応用していただける8つの例文をご紹介しています。

オンライン英会話レッスンからの参考情報。併せてお読み下さい。
ビジネス英語の上達:【依頼、提案】
ビジネス英語の上達:【競争】

ネイティブ講師による、オンライン英会話のアットイングリッシュでは、中級・上級者のためのビジネス英会話のカリキュラムをご用意しています。

無料の体験レッスンもありますので、ぜひ一度お試しください。

【ご利用上の注意点】
1.社会人、主にビジネスパーソンを中心に、英会話力で、中級、上級者向けの練習を提供するサービスとして、このサイトを運営しております。
2.あくまで、ビジネスパーソンを中心とした社会人の英会話力向上を目指したサービスであり、ここで紹介される主義、主張、意見や議論をサポートするものではありません。
3.ここでご紹介する内容の正確性や有効性について保証するものではありません。言葉は、時と場所、その状況や、声のトーンによっても意味を変えます。恐れ入りますが、ご自身でご確認の上、ご使用ください。

オンライン英会話で、会議におけるビジネスコミュニケーションの向上を支援します。是非、ご活用ください。
2017年 6月 6日編集

 

メルマガ&無料体験レッスン

あ、この表現、使ってみたい!ネイティブスピーカーのお墨付き

ビジネスでの挨拶、社交の場、 会議、
テレカンファレンス、交渉、 英語面接、
自己紹介、リーダーシップ、
プレゼンテーション、時事英語、英語メール、
…など。

ビジネスの現場で使える英語表現を5分で読み切れる骨太の内容にまとめて、 毎日無料でメルマガを配信、共有しています。





無料メールマガジン「ビジネス英語のヒント」のご登録は、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス
[例]example@atenglish.com
お名前(全角・漢字)
[例]有戸 太郎
ひとこと (ご意見など)

英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。

ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。

社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース

  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)
  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)
  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)
  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)
  • ほか

まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む

SNSでもご購読できます。