AIが英語を話す時代のための英語コミュニケーション力養成

★ 無料で毎日 ★
4,000人以上のビジネスパーソンが愛読する
英語情報メルマガ

ビジネス英会話

ビジネス英語の上達:【正しい判断に導く】They can often lead us in the right direction

2017.02.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスでは、常にどの方向に物事を進めていくのか、決断の連続です。それを導くものは、リサーチの結果や、数値データ、SNSやメディアで流れる大衆の心理の流れ、景気や政治情勢なども絡み、タイミングやシチュエーションによって異なるかもしれません。

今回は、そんな方向性を決めるモノを語る時に便利な表現をご紹介します。

正しい判断に導くものとは? – ビジネスで、決断について語る英語表現

アットイングリッシュのオンライン英会話レッスンでは、ビジネス、経済、テクノロジー、文化、生活、法律など、時事問題から最近の生活情報まで、英語で議論して頂いくディスカッションタイプのレッスンがあります。今回は、「AI(人口知能)開発の国際ルール作りについて」というテーマで議論をして頂いたレッスンの中から、正しい、あるいは間違った判断や方向へ導くモノについての表現をご紹介します。

ビジネスで正しい、間違った判断に導くもの

 

Question: AIと人間の脳は何が違うのでしょうか?

Answer: Emotions make us who we are as humans, and they can often lead us in the right direction, however they can also cause us to make poor judgements that lead to bad decisions.
感情こそが私たちを人間たらしめるもので、それによって私たちはしばしば正しい方向を選択できるのですが、しかし、感情によって愚かな判断をし、間違った選択をすることもあります。

感情が人間とAIの違いで、この感情が、良いにつけ悪いにつけ、私たちの判断に大きな影響を与えるという意見です。

この文章では、判断や決断を導くという、以下の表現が出てきています。

– they can often lead us in the right direction
– they can also cause us to make poor judgements

ビジネスは、毎日判断と決断の連続です。いつも、何が正しい判断をさせてくれるのか、何が間違った方向へ導くのか考えるわけで、この表現、かなり頻出で使って頂けると思います。

 

上手いビジネス英会話の作り方 – 「正しい判断に導く」の英語表現をビジネスシーンに応用

それでは、They can often lead us in the right direction と、they can also cause us to make poor judgements の表現を、ビジネスシーンに応用したネイティブ講師の例文を見てみましょう。

 

「ビジネスの判断」についての英語例文

 

They can often lead us in the right direction – 英語表現のビジネスシーンでの応用

Our instincts can often lead us in the right direction, when we are planning to expand into a new market.
新しいマーケットへと拡大する時など、よく直観が正しい方向へと導いてくれます。

今までのビジネス経験や、一般的なパターン、そしてそれに紐づくフィーリングが土台になった直観が、正しい判断へと導いてくれることもあります。

They can also cause us to make poor judgements – 英語表現のビジネスシーンでの応用

An overreliance on instinct, however, can also cause us to make poor judgements, because then we may be inclined to forgo careful market research because of a feeling, or a hunch, that a certain overseas market would be viable for us.
しかし直観に頼りすぎると間違った判断をしてしまうかもしれません。海外のマーケットでやっていけるだろうという気分や直観から、慎重なマーケットリサーチを疎かにしてしまいかねないからです。

直観も大切ですが、その下地には、慎重で綿密な情報収集とリサーチが必要でしょう。

ちなみに、forgo は諦める 控える などという意味になります。To forgo careful market research も併せて覚えて、使ってみて下さい。

 

会議やプレゼンで聞き手が納得できる話し方 – 上手いビジネス英会話の作り方

ここまで、「正しい判断に導くもの」「間違った判断をしてしまう原因」という表現を含んだ、ビジネスシーンで使える短いセンテンスを見てきましたが、もうワンランク上のビジネス英会話を目指して、少し長文に挑戦してみましょう。

 

長めの英語スピーチに応用

 

Question:
あなたがメーカーのCEOで、新しい市場への拡大を考えているとします。感情や直観以外で、正しい、あるいは間違った判断に導くものとして、どんなモノが考えられるでしょうか?

Rational principles can often lead us in the right direction.
Our expansion into the overseas market was a success, but only because we followed rational principles all the way.

Firstly, we did very careful research into the need for food supplies in the South East Asian market. Then, we made some very good business connections, who could help us with shipping and with the distribution of our wares. Finally, we proceeded with supreme confidence that we would meet our goals.

Had we just followed a hunch about how to set up our overseas supply chain, this would have caused us to make poor judgements, and we would not have been able to establish such a reliable overseas infrastructure for our business.

このスピーチでは、物事を判断する際、冷静で合理的に考えて動くという核を持つことが、が正しい方向へ向かう鍵とし、海外への市場拡大に際して、常にそれに則った判断をした事が成功につながったと分析しています。

そして次に、それを裏付ける理由を説明しています。第一に東南アジアマーケットについて慎重なリサーチを行ったこと、第二に良いコネクションを作れたこと、最後に自信を持って前進した事を挙げています。

このように、理由などを述べる際、Firstly, Secondly/Then, Finally という風に区切りが分かる言葉を語頭に出すと、聞き手は頭を整理できる上に、次は違う例が挙がる事が分かって親切ですね。

 

その他、「ビジネスを良い方向へ導くこと」について語るネイティブ講師の英語表現

ここまで、they can often lead us in the right direction と、they can also cause us to make poor judgements という表現を使って、ビジネスでの正しい判断や、良い方向へ導くものについてのセンテンスを見てきましたが、あと3つ、他の表現をごネイティブ講師に紹介してもらいました。

 

方向性を決めるという、その他の英語表現

 

その他の英語表現をビジネスシーンで応用1 – Put us on the right path

Our overseas contact was able to put us on the right path to finding reliable distributors for our wares.

海外にいる橋渡し役のおかげで、信頼できる販売代理店を見つけられ、良い方向に向かうことができました。

 

その他の英語表現をビジネスシーンで応用2 – Give us a shove in the right direction

The overseas business advisor gave us a shove in the right direction, when he let us know that the reason we had failed before was because we hadn’t gained enough local knowledge.

海外のビジネスアドバイザーが、前回私たちが失敗した理由は十分に現地の事を分かってなかったからだと言ってくれて、正しい方向に向かう事ができました。

 

その他の英語表現をビジネスシーンで応用3 – Point us in the right direction

The overseas contact also promised to point us in the right direction by giving us a list of his existing network of distributors, which he assured us were reliable.

海外の知人が信頼できる代理店ネットワークのリストを提示してくれ、良い方向に導いてくれました。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、正しい判断や方向性に導くモノについて、
Lead us in the right direction
Cause us to make poor judgements
Put us on the right path
Give us a shove in the right direction
Point us in the right direction
の5つの表現と、それらを使ったネイティブ講師の7つの英語例文をご紹介しました。判断や方向性については、お仕事の中で話題に出る事が多いかと思います。

是非、色々な表現の仕方を覚えて、会議やプレゼンテーションの際などで、是非お役立て下さい。

 

5つの英語表現を紹介

 

関連記事:
<オンライン英会話での、この議論の概要と学びのポイント>
講師と距離がグッと近づくオンライン英会話の活用術:AIについて

<ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集>
AIについて:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集1
AIについて:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集2
AIについて:ネイティブ英語でセンスよく表現!例文集3

<上手いビジネス英会話の作り方>
ビジネス英語の上達:【将来、未来】
ビジネス英語の上達:【代わりを果たす、役割を担う】fill the role of

ネイティブ講師による、オンライン英会話のアットイングリッシュでは、中級・上級者のためのビジネス英会話のカリキュラムをご用意しています。

無料の体験レッスンもありますので、ぜひ一度お試しください。


あ、この表現、使ってみたい!ネイティブスピーカーのお墨付き



ビジネスでの挨拶、社交の場、 会議、
テレカンファレンス、交渉、 英語面接、
自己紹介、リーダーシップ、
プレゼンテーション、時事英語、英語メール、
…など。


ビジネスの現場で使える英語表現を5分で読み切れる骨太の内容にまとめて、 毎日無料でメルマガを配信、共有しています。





無料メールマガジン「ビジネス英語のヒント」のご登録は、下記フォームよりご登録ください。



メールアドレス

[例]example@atenglish.com

お名前(全角・漢字)

[例]有戸 太郎





英語のミーティングは、ワクワクする!ビジネス英語を仕事の武器に。


ビジネス英語の知識は毎日の無料メルマガでインプット。


社会人専用オンライン英会話のアットイングリッシュは、その実地練習の場をご提供し、
英語力を活かした、「ワクワクする」ビジネスでのご活躍を支援しております。

主なコース



  • ビジネスコースEBC(会議やプレゼン、交渉の場での、会話構成、話し方、そこで使われる表現などを習得)

  • ビジネスコースEML(マーケティング、人事、グローバリゼーション…etc.ビジネスの話題で話し合い、ケーススタディに応用)

  • ジェネラルコース(英字新聞記事でディスカッション。即応力、説明する力、要約する力、説得する力、広範な話題への対応力を磨く。)

  • 英語面接対策コース(外資系企業、MBA面接、など)

  • ほか




まずは、無料体験レッスンでお試しください。

無料体験レッスンを申し込む



SNSでもご購読できます。