×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

オンライン英会話とネイティブ講師について

オンライン英会話を使って、ビジネス英語をネイティブ講師と練習するメリットは何でしょうか。英会話の中級レベル、上級レベルの方向けにオンライン英会話サービスを提供してきた中で見えてきた、私たちなりの答えをこのページ下段にてご紹介させていただきます。よろしければ、是非、英会話上達の材料にされてください。

 

講師は欧米在住のネイティブのみ採用

アットイングリッシュの最大の特徴の1つは、全員がネイティブ講師であること。
そして、レッスンの全てがマンツーマン・レッスン。
無駄に時間と労力をかけず、上達効果を最大限にしようという方々がご利用下さっています。
アットイングリッシュでは、北米・オーストラリア在住の、ビジネス経験のあるネイティブスピーカーを
講師として採用しています。

例えば、英字新聞記事を題材にしたセッションでは、日本のトピックを英語で話しますので

受講者(日本についての背景知識がある)→ ←講師(英語の優位性がある)

というように、両者がそれぞれアドバンテージを持つ、対等のバランスで、ディスカッションが進んでいきます。

受講者側は、海外在住の講師に対して、ディスカッションの前提となる日本での背景状況・情報を、すべて英語で説明しなければなりませんから、必然的に発話量が増えます。

それに加え、欧米と日本との、状況・考え方の共通点や相違点をシェア、交換しながらセッションが進みますので、
ネイティブとの英語学習という点にプラスして、知的好奇心を刺激されるという点も、ビジネスパーソンから支持される理由の一つとなっています。

 

ネイティブ講師のメリットとは

一般的に、ネイティブ講師と英会話を練習するメリットと言えば、正しい英語の知識が身に着く、綺麗な英語の発音が身に着く、自然で綺麗な英語を話せるようになる、といったところでしょうか。それはその通りでしょう。

ただし、「英語をネイティブスピーカーのように話す」のページでもご紹介させていただいておりますが、私たちは、練習の目標として、「英語をネイティブスピーカーのように話す」ことは掲げておりません。ビジネス英会話を志向する中で、目標としているのは、「ネイティブスピーカーもこういう発言がしたい、と思うような発言をする。」です。

では、なぜ「英語をネイティブスピーカーのように話す」ではなく、「ネイティブスピーカーもこういう発言がしたい、と思うような発言をする」ことに価値があるのでしょうか。

 

ネイティブがうらやむ、効果的な発言をするための練習には、ネイティブ講師が最適な理由

その理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、英語のネイティブ・スピーカーなら、誰であってもコミュニケーションをとるのが上手で、仕事もできて、素晴らしい人物だ、というようには考えていないからです。

もう1つの理由は、「こういう発言がしたい」と思われるような発言、つまり、効果的な発言をするには、詳細な英語の正誤よりも、状況を察した発言の有無や、そのスタイル、そして、内容の方が、会話の相手にとっての理解度に影響し、印象や、インパクトが大きく、重要であると思われるからです。

■どういった状況で、どういったこと(メイン・メッセージ)を発言するべきか:発言の有無
■それを、どのような形(立ち位置、ストラクチャー、言い回し)で発言するべきか:発言のスタイル
■メイン・メッセージを伝えるためには、何を話すべきか:内容

そして、これら3点は、文法のルールに依拠するのではなく、コミュニケーションの領域で、社会や文化、それらが作り出すマナーや考え方、そして、価値観に紐付いています。これをコーチできるのは、ネイティブ講師が最適ではないでしょうか。これが最大のメリットです。

 

オンライン英会話とネイティブ講師の相性

オンライン英会話は、自宅や勤務先の会社で受講できるといった利便性のレベルではなく、遠く、アメリカやカナダ、イギリスやオセアニアにいるネイティブ講師たちとインターネットで繋がることができるという点で、英会話力を向上させるツールとして画期的です。

ネイティブスピーカーを、自分自身の英会話力向上のための講師として、コーチとして、練習パートナーとすることが容易になったのは、明らかにオンライン英会話のおかげと言えますし、この点で、オンライン英会話とネイティブ講師の相性も抜群と言えるでしょう。

 

比較からわかる、ネイティブ講師のレッスンを受ける際の、オンライン英会話のメリット

では、ネイティブ講師と一緒に英会話力を上達させる練習をしたいとして、オンライン英会話は適した手段と言えるでしょうか。

その答えは、ネイティブ講師たちを自国へ呼ぶ、英会話スクールのスタイルや、逆にネイティブ講師たちが住む国へ出かけていく海外語学留学と比較すると、以下の3点で明確なメリットがあります。

1.費用・料金
2.手間・時間
3.ネイティブ講師の質

これら3点については、比較のポイントを含めて、1つずつ説明します。

 

費用や料金面から比較する、ネイティブ講師から受講する際のオンライン英会話のメリット

英会話スクール(国内)では、対面でコミュニケーションの練習ができるのは大きな利点ですが、費用や料金の面で考えると、まずは、受講者が通いやすい場所(駅前など)に教室を設けた上で、ネイティブ講師を海外から呼び寄せなくてはいけません。レッスンやクラスでの人件費だけでなく、教室の賃貸料、内装・維持費、ネイティブ講師たちの住む場所や渡航費も含めて、大きな費用がかかります。当然、受講料はこういった費用を全てカバーする必要があります。

それに比べて、オンライン英会話では、レッスンやクラスの費用を除けば、基本的に不要です。交通費さえも不要です。

海外語学留学では、逆に学習者が渡航する費用、海外で住む賃料がかかる上に、もちろん、海外の語学学校でも校舎など施設の賃料、維持費は必要で、受講料にそれらが含まれます。費用や料金の比較の上では、オンライン英会話の方が安い受講料の設定が可能です。

 

手間と時間で比べる、ネイティブ講師から受講する際のオンライン英会話のメリット

英会話スクール(国内)に通ったことがある方なら、お分かりでしょう。通学にかかる、手間と時間というのは、なかなか小さな話しではなく、例えば、30分程度の練習をするために、通学で往復40分かけているような状態であれば、学習継続に疑問が出てくることもあります。

ただ、ここで注意したいのは、この疑問は学習に価値があるか、英語の練習に価値があるかどうかではありません。この受講方法が合理的かどうか、という点が出発点であることに注目していただきたいということです。

英会話スクールと比較すると、オンライン英会話は、この疑問を解消するソリューションになり得ます。ご自宅や職場で受講されるなら、通学の手間と時間は、限りなくゼロになるからです。

海外留学との比較では、ネイティブスピーカーたちの社会にドップリと入るということの利点は大きいものの、必要とする手間と時間についてのみ考えれば、英会話スクール以上に手間も時間も大きくかかることは明らかです。その点、オンライン英会話でネイティブ講師と練習することは合理的な判断と言えそうです。

 

講師の質の比較から考える、ネイティブ講師から受講する際のオンライン英会話のメリット

英会話の練習においては、「講師」と「教材」、そして「(練習機関の)運営主体」はとても重要な要素です。この3つがしっかりとした質を備えていないと、貴重なお金と時間、そして、やる気を大きく失います。逆の言い方をすると、この3つがしっかりとしていれば、効率的に、そして、効果的に英会話力を上達させることが可能なはずです。

 

英会話講師の質の比較

あくまで一般論で言えば、「講師」の質に関しては、良い方から順番に、海外留学、英会話スクール、オンライン英会話となるかと思います。海外語学学校(ただし先進国)では、採用、雇用について、しっかりとした契約形態が取られており、資格などの採用基準の設定があり、採用候補者の幅も広いのが一般的です。日本の英会話スクールでも、一見同様に見えますが、大前提として「日本に来てくれる人」という要件があり、候補者の幅は大幅に狭まり、採用基準も低くなりがちのように見受けます。

 

オンライン英会話での講師の質

オンライン英会話の場合は、少し事情が変わり、ちょっと思いついた個人でも講師やオンライン英会話スクールを名乗れるため、全体の中で質の低い講師が占める割合は高いように思われます。そのため、前述の重要な3つの要素、「講師」と「教材」、そして「(練習機関の)運営主体」の中で、運営主体の重要性が増すと言えます。個別の運営主体で、講師の質の管理が異なるからです。

しっかりとした運営主体のオンライン英会話サービスであれば、ネイティブ講師たちの質にも気を配り、教材の内容と使い方を開発、工夫して、効率的で効果的な英会話レッスンを展開するはずです。

 

ネイティブ講師から受講する際の、オンライン英会話のメリット

また、以上の状況を踏まえた上で、敢えて、ネイティブ講師の質に関して、オンライン英会話で享受し得るメリットを挙げるとすると、以下のようなものが考えられます。

1. 講師の候補者の幅は、海外の教育機関と同様。「日本に来てくれる人」という要件は無いため、運営主体は幅広い人材からの採用が可能。

2. 専門性に富んだ人との会話も可能。講師にとっては、専門職での勤務と並行しながら、スポットでのレッスン参加が可能になるため、運営主体は、英会話(英語習得)の領域から出たレッスンのデザインも可能と言える。

 

まとめ|オンライン英会話でのネイティブ講師との練習が生み出す英会話力

ここまで、ネイティブ講師との英会話練習のメリットや、その際、オンライン英会話を活用していただくことが有効であることなどをご紹介させていただきました。

そして、英会話上達の効果を生み出すのは、「講師」と「教材」、そして「運営主体」といった要素のコラボレーションであることもご紹介させていただきました。オンライン英会話では、特に運営主体の方針や管理運営方法が大きくその効果に影響してきます。

では、どうすれば、ネイティブ講師のオンライン英会話で、良いサービスに巡り合えて、上手く活用できるのでしょうか。

まずは体験レッスンを受けてみて、ご自分に合うサービスを選ぶところから始めることになるかと思いますが、活用の仕方については、ビジネスパーソン向けのネイティブ講師とのオンライン英会話、アットイングリッシュのご利用者、三好様から寄せていただいたご感想を、一例としてご紹介させていただきます。

 

 実例:オンライン英会話でネイティブ講師を活用する方法(お寄せいただいたご感想より)

三好様は、アットイングリッシュのネイティブ講師を褒めてくださっていますが、私たちは三好様のご利用方法がこの効果を生み出していると考えています。

金融機関ご勤務 三好様

外資系金融機関に勤務していた際にアットイングリッシュで受講し始めて、既に数年になります。その前は大手の英会話スクールで1,000レッスン以上をこなしましたし、アジアの安い英会話があるのも知っていますが、他との一番の違いは、先進国の知的レベルが高い講師とマンツーマンのインタラクションを通して、英会話を練習できる点だと思います。

他の英会話スクールでは、単に文字通り、英語を教わっているようなものだと思いますが、アットイングリッシュでは表面的な会話練習ではなく、例えば、英字新聞の記事の背景にあるイシューを講師と一緒に探し出すようなディスカッションがあります。お互いの仕事や生活の経験の中から関連のある事柄を持ち寄って、お互いが出してきたものに呼応しながら、1つのキーワードに達したときには、海外に居る講師との間で共感している実感が持てます。

また、日本に居る英会話講師では、日本人に合せて親切過ぎて、残念ながら海外のビジネスパートナーと話すときには役に立たないと、以前、思いました。その点、アットイングリッシュの講師たちは、親切ですが、日本に来たことも無い人がほとんどで、本当に実践的なネイティブとの英語のコミュニケーションが身に着けられます。

 

「ネイティブスピーカーもこういう発言がしたい、と思うような発言をする」をめざして、ここでご紹介させていただいたことが、皆さまの英会話上達のご参考になればと願っております。

hideコンテンツ