×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

英語面接対策のポイント

英語面接と一言でいっても、状況や内容は千差万別で、誰でもが使える完全無欠の素晴らしい返答というのは存在しません。
では、そういった環境の中で、あなたの理想の返答を作るにはどうしたら良いか。

このページ下段に、その2つのポイントを掲載させていただきました。
よろしければ、是非ご参考にされてください。

アットイングリッシュの面接対策コースで練習していただける内容は、大きく分けて、2つに分かれます。

1.就職・転職面接(外資系企業・国際機関ほか)、及び、社内選考の面接に対する練習
2.MBA面接など、留学面接に対する練習

英語面接の準備をするといっても、実はお一人ずつ面接に対して備える内容、練習するべき点が異なります。
ご相談いただく際には、まずはこの2つのどちらを練習されたいかをお知らせください。

コース内容について

  • ■英語での面接を控えられている方々のための、模擬面接形式による練習コースです。
  • ■スカイプを用います。
  • ■回数: 10回 (英語力判定・体験レッスン + 9回)
    レッスン時間は、25分以上30分未満です。
  • 想定面接先を決めていただき、具体的な内容で練習していただきます。
  • ■情報をいただければ、それだけ具体性を増した練習内容となります。
  • ■毎セッションご受講後に、単語や表現方法を含めた4つ以上のアドバイスが
    メール
    で届きます。(ご受講日、またはその翌日に送信されます)
  • ■ご紹介で来られた方は、その旨、お知らせください。
    または、ご利用者をご紹介いただく際には、私どもにメールにてご連絡くださいましたら、ご受講スケジュール等でできるだけ配慮させていただきます。
  • 会計事務所、コンサルティングファームにご勤務で、Linguarama 社の面接試験をご準備される場合は、その旨、お知らせください。
  • ■なお、ホームページでご紹介しているコース内容、ご相談の内容に沿って
    レッスンが行われますが、試験や面接の合格、または専門知識など内容を保証するものではありません。

イメージ写真

 

英語面接のポイント

ポイント1:英語面接の目的を面接官側の立場で考えてみましょう。

英語面接というと、どうしても「英語力」に注意が向き過ぎてしまいますが、大半の面接ではポイントはそこではないケースがほとんどです。

ご自身が受ける予定の面接で求められているものは何でしょうか。英語力そのものを測るのであれば、専門機関の英語テストの方が詳細にわかります。

大抵の場合、仕事関連の面接で見られているのは「英語での
コミュニケーション力」、「英語での業務遂行能力」です。
つまり一緒に働ける人物か、または、一緒に働きたいと思える人物かどうか、ということです。英語そのものではありません。

[写真]英語面接イメージ

極論すると、英文法の小さなミスを気にするあまり、必要な情報を十分な量で出せないのであれば、
一緒に仕事をするのは難しいと判断されるかもしれません。

また、既に日本法人の方たちと面接を終え、最終面接で確認のためだけに本社の人と面接をする場合(他の候補者はゼロ)と、20人の候補者の中で次の段階へ進むための面接とでは、自然と質問内容も変わってきます。

あなたが控えている面接では何が求められているのか。
まずは考えてみてください。

ポイント2:英語面接にどのくらいの準備が望ましいか考えてみましょう。

英語面接対策コースの受講プランニングをお手伝いしていると、
よくお尋ねいただく質問があります。

「英語面接の練習は、どのくらいの時間がかかるものですか?」です。

ご想像がつくかと思いますが、「お一人ずつ、異なります。」
というお返事になります。

以下の4つの条件が本当にお一人ずつ違うこと、そして、何をもって練習(準備)が
完了したと思われるかが、これもお一人ずつ異なるためです。

[写真]プランニングイメージ

  • 1英語・英会話に
    慣れているか
  • 2面接に慣れているか
  • 3面接の種類
  • 4面接の状況

本番の面接に備えて、プランニングは大切です。

逆に言うと先述の4つの条件を考えながら、どのくらいの時間と労力を面接準備に費やすかをお考えいただくことは
できるはずです。

また、アットイングリッシュでは10回(または9回)の面接練習を修了されると、同様の面接練習について、
5回ずつの追加受講が可能です。

仕上がり具合を勘案していただいて、5回の追加受講をしていただいても構いませんし、
例えば、複数社(または複数校)の面接を受ける際に、この追加受講をご利用いただくことも可能です。

アットイングリッシュは、皆さんが本番の面接で実力を発揮されることを心から願っております。

hideコンテンツ