×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

外資系企業、日本企業を問わず、転職の際に英語面接の機会が設けられることが多くなりました。英語面接での遣り取りは、ビジネスの実力の一部として評価されると考えても過言ではないでしょう。

もし、あなたの英語コミュニケーション力が、中級レベル以上なら、「英語で返答している」といったレベルで足踏みをしていないで、英語でインパクトのある発言をすることを目指してみてください。きっと、あなたのビジネスにも良い影響が出てくるはずです。

ご案内する英語表現や回答例文がお役に立てれば幸いです。

 

英会話レベルを上げて、英語面接に対して準備

志望企業、ポジション、職務に対する興味や熱意、ヤル気を示す英語表現

表現方法は無数にあります。幾つか例をご紹介させていただきますので、アレンジしてご活用ください。

1. I am very interested in working for your company, XXX
御社、XXXで是非、働きたいと思っています。

2. I am very keen to work in the area of…
…の分野で働きたいと強く思っています。

3. I am applying for this position now because I believe…
…と考えて、このポジションに申し込ませていただきました。

4.I am passionate about working with [area].
…で働きたいと、心から思っています。

5.I am very much a person who believes in [some idea or ethic]
私は正真正銘、…を信じている者です。

6.I have committed myself to gaining knowledge and expertise in this area.
この分野の知識と専門性(ノウハウ)を習得することに専念してきました。

7.It became one of my life’s goals to (do something) when (something happened).
~したとき、~することが私の生涯の目的となりました。(さっき思いつたような、生半可な想いではありません)

英語面接で、興味や熱意、ヤル気を伝えるときの注意点

英語面接の中で、志望理由、志望動機などを回答する際には、以下の3点を意識すると、聴き手に納得感が生まれやすいです。

(1)興味、熱意(この記事でサポートしている部分)
(2)適格性(自分自身の知識、技能、経験など)
(3)更なる価値

詳細:「英語面接の質問:成功する志望理由、プロフェッショナルな印象の作り方、回答の英語例文集

 

英語面接での回答コメント例(英語例文)

面接の中では、具体的な話、実体験、実感などを組み込んで回答を作ってみましょう。一般的な話し、抽象論に終始すると、あなたの印象は薄いものとなりますし、また、仕事においても具体的な進捗が図れない人物ではないかと思われるかもしれません。

コメント例1(英語例文):I am applying for this position now because I believe

I am applying for this position now because I believe it is the right time for me to utilize my knowledge and experience, and to pursue my passion of working in the investment banking field.

今、このポジションに申し込ませていただいた理由は、これまでに得た知識と経験を使って、投資銀行業務の分野でやってみる、良いタイミングだと思ったからです。

コメント例2(英語例文):I’m very interested in

I’m very interested in digital marketing and I really enjoyed my role as marketing manager at AAA. So, when I saw you were hiring a digital marketing manager, I felt this job could be well-suited to my interests and skill set.

デジタルマーケティングに非常に興味を持っており、AAA社でのマーケティングマネージャーの職は、本当に遣り甲斐がありました。ですから、貴社でデジタルマーケティングのマネージャー職で人材募集しているのを拝見した際には、私のやりたいことと持っている技能にピッタリだと思ったのです。

コメント例3(英語例文):I’m very keen to

I’m very keen to live and work abroad, and to continue my career as an accountant. After two years of world travel, I know that I can adapt to unfamiliar situations, so this position would utilize my professional expertise, while at the same time fulfilling my desire for experience abroad.

海外で暮らして、そこで、会計士としてのキャリアも続けたいと思っています。2年間の世界旅行で、私は慣れない状況にもすぐに適応できることがわかりました。この仕事は、私の専門分野にもピッタリですし、しかも、海外で経験を積みたいという私の望みを叶えてくれるものなのです。

コメント例4(英語例文):I’m very passionate about

First of all, having been involved in the Internet retail business from a young age, I’m very passionate about developing shopping websites in which people have good experiences, such as gaining inner awareness or extending their imagination, in a way that is not just focused on purchasing products. I find working in this area very exciting and rewarding.

まず、若い頃からインターネット小売業に携わってきて、人々がただ買い物をするだけではなく、そこに気づきを促してくれたり、想像力を刺激してくれたりするようなショッピングサイトを造り上げるのが大好きです。刺激的で、しかも、遣り甲斐のある仕事だと感じています。

 

英語面接関連ご参考記事

面接のご準備に役立てていただけましたら、幸いです。

 

まとめメモ

1.英語面接の回答を作成する際には、様々な表現を使いながら、具体的な話、実体験や実感を組み込んだ構成を作ってみましょう。

2.英語面接の対策では、以下の2つの相乗効果を狙いましょう。
「英会話レベルを引き上げる」×「面接技術のレベルを引き上げる」

3.ご自分が応募ポジションに対して、条件を満たしていることを伝えるだけに留まらず、興味があること、熱意があること、ヤル気があることを伝えて、面接官の気持ちをギュっと掴みましょう。

状況によって、言葉は意味すらも変わってきます。このサイトの内容については、状況に合わせてアレンジしてご使用ください。お役に立てれば幸いです。

監修:中級レベル、上級レベル向け、社会人専用オンライン英会話 @English