×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

オンライン英会話の持つ、質と量の強み

  • メディアクリエイター 林様

    オンライン英会話の持つ、質と量の強み。
    海外でのミーティングでも役立った実践的な練習。

    仕事での会話の組立て方やボキャブラリーなどをビジネスコースEBCで学べています。

    例えば、実際に私がサンフランシスコの人口知能を扱う企業へミーティングに出かけた際、こちらの意図を強調するグラフの読み方をはじめ、データの説明の仕方、会議で論理的なプロファイリングやディスカッションを展開するときの表現方法など、EBCでの実践的な知識の習得と練習がとても役立ちました。

    他にも、スモールトークで仕事の話しをするときなど、職場やインターン先で「実際に何をどう言うか」考える際に、頭の整理を助けられますし、英字新聞記事でのディスカッションでは、あらためて日本について学びつつ、自分の経験と講師の経験を結びつけながら、考えや意見をシェアする練習ができています。

    英語でのコミュニケーションの質を高めていくには、ボキャブラリー(単語だけでなく、状況に合せた表現方法など)を増やすこと、それらをスピーキングで実践してみる機会の「量」を確保することが重要だと思います。

    ボキャブラリーを増やす意味では、メルマガ「ビジネス英会話研究所」を見てます。あれは、イイです! ケンブリッジの検定と同じように、議論で使える表現を盛りだくさんに入れた、実践的にビジネスで使える英会話練習の方向で、このまま向かっていって欲しいです。

    量の意味では、手頃な価格で、英語を第一言語とするネイティブと一緒に練習できることが強みだと思っています。

    三好様

レッスン受講のご感想一覧へ

hideコンテンツ