×

まずはお試し無料体験!

アットイングリッシュ

英語と日本語の基本的な違い

グローバル化が進む近年では、仕事に活かしやすいビジネス英会話を学びたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビジネス英会話に限らず、英語を習得するためには、英語と日本語の基本的な違いを正しく把握しておくことが大切です。

語順の違い

文法は「S(主語)」「O(目的語)」「V(動詞)」の3つを組み合わせて構成されていて、日本語と英語では文法の構成が異なります。日本語の文法は「SOV型」と呼ばれ、文章の最後に動詞がくるのに対し、英語の文法は「SVO型」と呼ばれ、主語のすぐ後に動詞がきます。また、日本語では「て・に・を・は」などの助詞も用いられているため、SOVの語順を変えても意味を伝えることができますが、英語は語順を重視する言語ですので、語順を変えると全く別の意味に捉えられるケースもあります。そのため、文章を読みながら単語を覚えていくことで効率良く英語力を身につけられる、という考え方もあります。

音の数と組み合わせの違い

ビジネス英会話を習得する上で理解していただきたいのが、音の絶対数と組み合わせの違いです。日本語の母音が「あ・い・う・え・お」の5つなのに対し、英語の母音はアメリカ英語・イギリス英語によって異なりますが、日本語の3倍以上もあります。また、日本語の音節は母音で締めくくりますが、英語の音節は「子音+母音+子音」で構成される場合がほとんどです。そのため、日本語には存在しない音や、組み合わせによって表現されている英語を難しく感じてしまうのです。音のバリエーションが圧倒的に多い英語の発音を習得するためには、ネイティブ講師との対話によって正しい口の動かし方を学ぶことが重要です。

表音文字と表意文字の違い

日本語は表意文字と表音文字を併用している言語なのですが、英語は表音文字のみで構成されているので音を正しく発音しないと意味が伝わりません。「表意文字」とは漢字のように文字の一つひとつが意味を成している文字で、「表音文字」とは、ひらがなや英語のアルファベットのように他の文字と組み合わせて初めて意味を成す文字のことを指しています。カタカナやローマ字読みで英語を覚えようとしても正しい英語の発音とは一致しないため正しく伝わらないことも少なくありません。ビジネス英会話を習得する際には、英語は音に意味があることを認識した上でレッスンを受けることが上達するためには大切です。

オンライン英会話スクールをお探しの方は、アットイングリッシュをご利用ください。アットイングリッシュでは、日常生活で必要なコミュニケーション力と豊かな表現力を身につけるジェネラルコース、仕事で即戦力になる実践的なレッスンを行うビジネス英会話コース、英語面接対策コースをご用意しております。ネイティブ講師がマンツーマンでレッスンいたしますので、中級・上級者のビジネス英会話力をもっと伸ばすことができます。無料通話ができるスカイプを使ってのレッスンとなっており、設定も簡単なので初心者でも安心してご利用いただけます。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

ビジネス英会話力を伸ばしたい方はアットイングリッシュへ

名前株式会社コム・デザイン
住所〒143-0011  東京都大田区大森本町1-1-1-1210
URLhttp://www.atenglish.com/
メールcomdesign@atenglish.com

お役立ちコラム

  1. 英語への苦手意識を克服するポイント|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  2. 英語と日本語の基本的な違い|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  3. 英会話の表現方法|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  4. 英語を学ぶ日本人にとって難関となる「議論」|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  5. 日本人が知らない英語面接|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  6. 英文履歴書の作成のポイント|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  7. ビジネス英会話上達のプロセス|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  8. 時代に合ったビジネス英会話レッスン|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  9. ネイティブ英会話で英語耳を養う|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  10. 英語面接に臨むにあたって|オンライン英会話・ビジネス英会話の@English
  11. オンライン英会話でビジネス対策|ネイティブ講師のオンライン英会話@English
  12. ビジネス英会話オンライン入門|初心者にもやさしいビジネス英会話@English